初めての人は『厳選記事ベスト7』をチェック!

【富士通】6年ぶりにパソコンを新調したらあまりにも快適すぎた話【マウスコンピュータ】

ブログ論
この記事は約20分で読めます。

こんにちは! ゴリップル(@5ripple)です!

最近、パソコンの調子がおかしかったんですよ。

とにかく、何をするにしても動作が遅い。

キーボードで文字を入力しても、画面に反映されるまでタイムラグがある。

家計簿の入力や、確定申告(医療費控除)用のExcelファイルを開く時ですら

開く⇒応答なし(しばらく待つ)⇒入力⇒応答なし(しばらく待つ)

…といった感じのループが続く状態。

Googleクロームを開いて、ブログを書くためにワードプレスを立ち上げても”一時保存”をするたびに10秒くらいの待ち時間があるのでとてもテンポが悪い。

かといって、こまめに保存しないでブログを書き続けていると途中でパソコンがフリーズして大作が無駄になったり…

なのでこまめに”一時保存”をするけど、そのたびに10秒くらい待たされるから仕事帰りの作業中には集中力も途切れてしまって、なかなかブログを書き進めることができない。

アイキャッチ画像を作るために『Canva』を立ち上げても、反応速度が遅いのでなかなか思うように作業ができない。

などなど、例を挙げれば話題が尽きることはないのですが、とにかくパソコンの性能のせいでやる気を削がれる部分は多々ありました。

ブログの更新をサボってるのをパソコンの性能のせいにするな!

「ブログで一山当てて自由な生活を手に入れてやる!」と思っていたものの、やる気が出ずにダラダラと過ごしていた私はとうとう6年ぶりに新しいパソコンを買ってしまいました。

買ったのは『マウスコンピュータ』の『m-Book K690XN-M2SH2』!

というわけで、今日は私がパソコンを買い替えることを決意するまでの経緯や、6年前に購入して今まで使っていたパソコンとの性能の比較などについて綴っていきたいと思います。

スポンサーリンク

そもそも今まで使っていたノートパソコンとは

今まで使っていたPCは、2013年10月に購入した富士通製の『ライフブック』。

ジャパネットたかたで購入したものです。

パソコンのほかにキヤノンの複合機がついた商品で、購入した当時の価格が71,774円(税込み)。

当時はパソコンで年賀状を作るために、とにかくパソコンが欲しかったウホ。

それまで使ってたパソコンは離婚したときに元嫁に持っていかれたもんね。

……。

そういうわけで、当時の私としては

とにかく安くノートパソコン本体とプリンターを揃えたい!

という気持ちでパソコンを購入したのです。

安価なパソコンを購入したものの、中途半端な知識があった私は

メモリさえ増設しとけば、少々CPUの性能が悪くても何とかなるだろウホ

と思っていたのです。

そのため、標準のメモリが4ギガのところを8ギガに増設して愛用していました。

メモリを増設して、何か変わったの?

…今にして思えば全く実感ないウホ。

今にして思えば、メモリを増設したところでそもそものCPUの低ければ何ともならないというのは分かるのですが、当時の私はそのことには気付きませんでした。

そのため

最新のパソコンでも動作的にはこんなモッサリしてるもんなんだな。

というふうに不思議と納得していました。

でも、当時の私は

メモリさえ増設すればパソコンってのはサクサク動くもんなんでしょ!?

と思っていたので、この低スペックパソコンでも色々なことにチャレンジしてきました。

例を挙げると

などなど。

モッサリ動くどころかフリーズして動かなくなるパソコンと付き合いながら、時折

実はこのパソコンは時代についていけてないのではないか?

と思うこともありましたが

いやいや、メモリ増設してるし、そもそも性能を使うようなオンラインゲームとかしてないんだから十分通用するだろ!

と意味不明な思い込みのせいで、パソコンがそもそも低スペックであることにすら気付きませんでした。

確かに

  • 息子の誕生を機に購入した4Kビデオで撮影した動画の編集
  • デジカメで撮影した写真のRAW現像

などは出来ませんでしたが

高度な処理はさすがにスペックが追い付いていないかもしれない。

でも、それほど高度でもない(と思っている)ブラウジング等の処理は、通信回線の速度が遅いからモタついているだけだろう。

と思っていました。

当時は田舎のアパートに住んでいたし、契約していたのはポケットWi-Fiだったから通信速度は遅かったもんね。

しかし、今の住所に引っ越して光回線を開通し、回線のスピードテストでは従来よりも10倍くらい早い速度が出ているにも関わらず、パソコンの動作は遅いまま

事、ここに至ってようやく私は思うわけです。

え? 私のパソコンのスペック低すぎ!?

ネタが古いわ!

そう、もう回線速度ではどうにもならないところに来ていたわけです。

いや、まだいけるはずウホ!

新品で売っている最近のパソコンのスペックを見ても、メモリが8ギガというのは低スペックではないウホ。

パソコンの動作が遅いのは他に原因があるはずウホ!

パソコンの動作が遅い原因を追究する日々

そして、パソコンの動作が遅い理由を探す日々が始まりました。

パソコンの設定をいじってみたり、ブログ(サイト)の構成をいじってみたりしてあがいてみましたが、どうやってもパソコンの速度は速くならない。

どうあがいてもOSが立ち上がるのにも1分近くかかる。

もしかしたら、スマホみたいに不要なデータを削除すれば動作が早くなるんじゃない?

と思って不要なデータを消してみたものの、一向に速度は向上せず。

そして、インターネットを使って色々とパソコンの処理が早くなる方法について調べてみました。

まずは自分のパソコンのスペックを知ることが大切だというので、パソコンのスペックを確認するために『設定』⇒『システム』⇒『バージョン情報』を開きます。

実装RAM(メモリ):8ギガ

そう! やっぱりメモリはちゃんと認識されてるよね!

CPU:AMD E2-1800 APU with Radeon (TM) HD Graphics 1.70Ghz

ん? AMD E2-1800?

AMD自体は有名な会社みたいだけど…。

そこで『AMD E2-1800』を調べてみると、CPUベンチマークスコアは900弱…

これって、どうなの?

今まで気にしたこともないから、分かんないウホ…

ちなみに、今回購入した『m-Book K690XN-M2SH2』に内蔵されているCPU『インテル® Core™ i7-8750H』のベンチマークスコアは13,492です。

うちのパソコンのCPUのスコア低ゥゥゥい!

えっ、ちょっ… 今まで使ってたパソコンって、最近のパソコンのCPUの10分の1の性能もないの!?

そうして私は、ようやく現実を思い知ったのでした。

上がっては下がる(下げる)パソコン買いたい熱

このブログを始めたのが2018年2月なのですが、パソコンの動作がモッサリしていることもあり、実はブログを始めた当時から「パソコン欲しい!」という気持ちはありました。

ブロガーの人とか見ると、マックブックとか買ってる人が多いじゃないですか。

いいですよね、マックブック。

何か仕事できる感じがしますもんね。

私もスタバでマックブックを開いてキーボードを「カタカタカタカタッ……ターンッ!」なんてやってみたい!

おい、バカにしてんだろ。

ただ、いくらマックブックに憧れているとしても、私が普段使っているものにマック製品がないんですよね。

2018年6月にiPadを購入したものの、職場のパソコンはWindowsだし、今までメインで使っていたのもWindowsだし、操作を覚えたりデータの移行をしたりするのが面倒…

ただ、やっぱりマックブックに憧れはあるので何度かヨドバシに行って実機を触ったりしてみました。

やっぱりクリエイティブな仕事をするならマックブックだよな!

なんて考えながら悶々とした日々を過ごし、色々と悩んではみたものの、車が水没して急な出費が必要になったり、家を購入することになったり、二人目の子供が生まれることになったりで

もう少し家計に余裕が出来るまでは我慢しておこう。

と、パソコンを買い替えること自体を諦めたのでした。

お金がないというツラい現実を見たことでパソコン購入熱が冷めていたものの、2018年末の『PayPay100億円キャンペーン』だったり、ヨドバシのポイント高還元祭りだったりで物欲が刺激されまくり。

そして

思い切って買ってやるウホ!!

と奮発して購入したのがこれです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

created by Rinker
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
¥33,000(2019/06/18 09:28:50時点 Amazon調べ-詳細)

おいっ!

生活のためにゲームを禁止していた禁欲生活の反動が爆発してしまったウホ。

購入したPSVRでの体験を元にして『PSVRプレイ日記』をつけようと思ってアイキャッチ画像なども作りました。

ちなみに、自宅を購入した時の記録も記事にしたいと思ってアイキャッチ画像だけは作ってます。

これらの企画はアイキャッチ画像を作ったところで力尽きて中断してるんですけど、やっぱり全ての原因はパソコンの動作が遅いことなんですよ。

アイキャッチ画像は『Canva』を使って作っているのですが、画像の編集をするのにもいちいち時間がかかる。

画像の編集が終わってからブログを書こうとしても、やっぱり途中で無駄な読み込みの時間が入ってしまうから集中力は途切れるし、自分が思うような速度で進まないからイライラが募る。

そうして、どんどんブログから遠ざかっていってしまいました。

ブログで稼ぎたいけど、パソコンの動作が遅いからブログ書きたくない。

(終わってる…)

妻が二人目の出産を無事に終えたことで金銭的な目途も立つようになり、パソコンの動作が遅いためにブログを書きたくないという現状を打開するため、再びパソコンを物色するようになりました。

そんな折、開催されていた『アマゾンタイムセール祭り』でデスクトップパソコンが安売りをしているのを見つけたんです。

『Dell デスクトップパソコン Inspiron 3470 Core i5 19Q12/Windows10/8GB/1TB/HDD/DVD-RW』

通常時は64,880円ですが、タイムセール祭りの時には54,880円になっていました!

モニターを同時に購入しても7万円以内という驚異的な安さ!

もう家を建てたので引っ越しすることもない=パソコンを持ち運びする必要もない。

これ、めっちゃいいじゃん!

めちゃくちゃ悩んだんですけど、結局このパソコンは買いませんでした。

なんで!?

理由としては、搭載されているメモリが8ギガだったからです。

メモリは増やせばいいのでしょうが、それまで私が使っていたパソコンもメモリは8ギガありました。

「新しく買う商品のメモリが、これまでのと同じでいいのか?」という気持ちと「メモリが同じであるがためにパソコンの性能が引き出されなかったら嫌だな…」という気持ちがありました。

なので、限られた時間の中でできる限り他の商品なども見比べたのですが、いまいち決め手に欠けるというか…

そういうわけで「タイムセール祭りで安くなることならこの先何度もあるだろうし、心から納得していない商品を焦って買うこともないか。」と思ってアマゾンではパソコンを買わなかったわけです。

『タイムセール祭り』って時間制限があるから「この機会を逃したら安く買えなくなるかも」と思って、焦って買ってしまいがちウホ。

ゴリップルは大抵の場合は焦って買ってしまうのに、よく思いとどまったね!

自分が満足できるパソコンとは?

『タイムセール祭り』の時限トラップ(?)を切り抜けたことで考える時間を得ることができた私。

”ブログ” ”おすすめパソコン”というキーワードで検索すると、「ブログを書くのにパソコンのスペックは関係ない!」みたいな記事も出てくるわけです。

いや、スペックは関係ないと言われても、実際にパソコンが低スペックだから困ってるわけで…

そこで、原点に返って新しく買ったパソコンで何がしたいのかを考えてみることにしました。

色々と考えてみると、パソコンを買いたい一番の動機はブログを快適に書きたいということなのですが、パソコンでやりたいことを考えてみると

  • 4K動画編集
  • デジカメで撮影した写真のRAW現像
  • YouTube用の動画編集
  • ヴォイスロイドのデータ編集

と、まぁ色々あるわけです。

「やりたいこと」の幾つかはこれまでのパソコンでも出来ていたことですが、いずれもパソコンの処理能力のために待ち時間が出来たりフリーズしたりと、まともには動きませんでした。

「ブログ以外にもやりたいこと」を考えたとき、一番パソコンの性能を必要とするのは4K動画の編集だと思います。

一人目の子供が生まれるときに、綺麗な映像で成長を残しておきたいと思って4K動画が撮影できるものを購入しましたが、これまでのパソコンでは肝心の編集ができなかったという本末転倒な状態。

そういうわけで、”動画編集” ”おすすめパソコン”というキーワードで検索することに。

そこで出てきたのがこのパソコンでした。

マウスコンピューターの『m-Book K690XN-M2SH2』!

マウス…コンピュータ…?

初めて聞いた…

無知な私には初めて聞く名前ですけど、知る人は知っているBTOの有名処。

自分で部品を選んでカスタマイズしたパソコンを組み立ててもらうBTOでは「ドスパラ」とか「パソコン工房」とかは聞いたことがあったんですけど、『マウスコンピュータ』は初めて聞く名前。

え? 大丈夫なの?

と思って色々と調べてみたところ、自分が無知だっただけでかなり凄い企業であることが分かってきました。

このパソコンの凄いところは

CPU : インテル® Core™ i7-8750H プロセッサー
6コア/ 2.20GHz/ TB時最大4.10GHz/ 9MB スマートキャッシュ/ HT対応

これまでのCPUの性能の10倍以上ウホ!

メモリ:標準容量 16GB (8GB×2 / デュアルチャネル)

これまでのパソコンの2倍ウホ!

ストレージ:SSD 256GB、ハードディスク 1TB

ハードディスクはこれまでのパソコンの2倍!

しかも、デュアルストレージで(自分史上初の)SSD搭載!

 

いや、凄くない所がないじゃん!

いやいや、デメリットがないわけではないんですよ。

まず、Officeが付属していない。

マイクロソフトのOfficeではなく、『WPS Office Standard Edition』(ワープロ/表計算/プレゼンテーション+標準フォント29種)というパチモノ(?)のOfficeソフトならついているんです。

でも、最近になってExcelの勉強を始めてオリジナルの家計簿を作るようになった私にとって、マイクロソフトのOfficeが使えなくなるのはデメリット。

次の大きなデメリットは、光学ドライブがついていないこと。

オプションで外付けの光学ドライブをつけることは出来ますが、あくまでも外付けで内蔵ではありません。

まぁ、オプションで頼むくらいなら普通にアマゾンとかで注文したほうがいいかな…

デメリットはあるものの、スペック面でデメリットを超えるメリットを感じることができた私は『m-Book K690XN-M2SH2』をポチリました!

電車の中で考えることに夢中になりすぎて降りないといけない駅を乗り過ごしてしまうくらい考え抜いたうえでの大きな決断ウホ!

ニューマシンの到着

5月16日の木曜日の夜に注文して、22日の水曜日に到着。

注文を受けてから組み立てを開始しているというのに、とても早い!

早速梱包をほどいていきます。

ただのノートパソコンだというのに何故か愛しく思える不思議!

色々と設定を終えた後で、とりあえず再起動をかけてみます。

ボタンを押してからPINコードの入力画面にいくまではそんなに早いと思わなかったのですが、PINコードを入力してから通常の画面が出るまでの時間が爆速!

え? もう立ち上がったウホ?

今までのパソコンだったら、キーボードの操作ができるようになるまで1分以上かかってたよね…。

とにかく、動作が早い。

まだ動画の編集等は試していませんが、この感じだとかなりストレスは軽減されそうです。

あと、地味に嬉しかったのが無線マウスと無線キーボードのレシーバーを一元化できたことですね。

これまでのパソコンでも、キーボードとマウスはロジクールの『K275』と『M235』を使っていました。

created by Rinker
Logicool(ロジクール)
¥1,012(2019/06/18 02:51:17時点 Amazon調べ-詳細)

インターネットの情報では「マウスとキーボードの無線レシーバーは一元化できる」という話でしたので、何とか一元化しようと思って試行錯誤したんですけど、以前のパソコンでは低スペックすぎるためか結局一元化することは出来なかったんです。

なので、無線マウス用のレシーバーと無線キーボード用のレシーバーの両方を着ける必要があり、パソコンのUSBポートは2つ塞がった状態になっていました。

USBポートを2つも塞がれてしまって、正直めちゃ不便だったウホ。

新パソコンになったことで、この問題も解消。

旧パソコンではいくら試行錯誤しても出来なかった無線マウスと無線キーボードのレシーバーの一元化が、パソコンを替えただけで何の苦労もなく設定できました。

本気で「時間を返せ」と言いたいウホ。

そんなわけで、弱小ブロガーには分不相応なくらいハイスペックなパソコンを手に入れたわけです。

が、不満がないわけではありません。

唯一感じられる不満は、キーボードに歪みのようなものが感じられることです。

私の腕前では写真で伝えることは難しいのですが、キーボードの「D」の部分が周囲のキーよりも低くなっていて錯視のような違和感を感じてしまい、少し気分が悪くなってしまいます。

前述のとおり私は外付けのキーボードを使っているので、極論を言えばキーボードに備え付けのキーボードが壊れていようが、その他の部分が正常に動いているのならば関係ないのですが、それでもパソコンを立ち上げるたびにキーボードが目に入ってしまいますので気にならないと言えば嘘になります。

“キーボード” ”歪み”とか”キーボード” ”凹凸”とかのキーワードで調べてもイマイチ納得できるような検索結果は出てきません。

もしかすると、自分が知らないだけで人間工学に基づいてキーボードのストロークを変えるというのは常識なのかもしれませんが、ググってもそういう趣旨の記事は出てきませんでした。

マウスコンピュータなら、他社に先んじて(キーボードのストロークを変えるというような取り組みを)取り入れているのかも?

と思ってマウスコンピュータのサイトを穴が開くほど見てみましたが、キーボードのキーストロークに関する記述はありませんでした。

パソコンが到着してから色々考えてはみたものの、自分の中で腑に落ちる答えが出なかったので、最終手段として販売元であるマウスコンピュータに問い合わせてみることにしました。

マウスコンピュータは24時間365日サポートと謳っているおり、電話、メール、LINEといった様々な方法での問い合わせに対応しています。

私が使ったのはLINE。

電話なんて証拠が残らないから論外だし、メールは文書として証拠が残るけど受信したかどうかはサーバーに問い合わせないといけないし、そう考えるとLINEは文書として証拠も残るしレスポンスもしやすいし最高の方法ウホ!

そして、問い合わせしたのが以下の内容。

で、マウスコンピュータからの返信がこれ。

朝の8時前ころという中途半端な時間(通勤の電車の中にいる時間)に送ったにも関わらず、素早い対応。

早いし、誠実!

で、問い合わせをしたものの、結局キーボードの修理は出していません。

確かにキーボードが目に入ると違和感を感じますが、このパソコンを使っていくうえで支障というのはありませんし、そもそもこのパソコンを手放すことの方が損失だと思うので。

無線キーボードを使ってるから、ノートパソコン備え付けのキーボード自体を使っていないもんね。

パソコンを新調した感想

声を大にして言いたいのは

パソコン買ってよかった!

ということ。

とにかくこれまでのパソコンに比べたら動作が早い。

画面の切り替えも早いし、動作がいちいち早い。

「起動中」の表示とともにフリーズすることもありませんし、「Excel(応答なし)」なんて表示が出ることもありません。

もちろん、ブラウザでブログの更新をするにも動作はサクサクです。

これまでのモッサリは何だったのかというレベル。

こんなこと言われつくされていることですが、ブログって自分を発信する趣味の延長として捉えるならわりと始めやすい副業だと思いますし、初期投資も少ないほうだと思います。

パソコンとネット回線さえあれば出来ますしね。

ブログを始めるうえで「使うパソコンはどんなものでもいい」とか言っているサイトもあるんですけど

そりゃあ違うウホ!

というのが低スペックパソコンでブログを続けていた私の感想です。

「どんなパソコンでもブログを運営出来る」というのは間違いではありません。

確かに、どんなパソコンでもブログの更新は出来ます。

しかし、意図しない中断でストレスを感じることなく、自分の思考をそのままダイレクトにアウトプットし、作業の効率と質を高めるためには、パソコンのスペックはある程度必要だと私は思います。

何かボタンを押すたびに画面がフリーズしたり、自分のアウトプットがモニターに反映されるまでにタイムラグがあるというのは、貴重な時間の損失にほかならず本当にもったいないことだと思います。

ブログを書くだけならハイエンドのパソコンまでは要らないかもしれませんが、少なくとも私がこれまで使っていたようなパソコンのスペックでは”力不足”と言わざるを得ないと思います。

というわけで、これからブログを始める人はもちろん、すでにブログを始めている人でも「ブログは(低スペックでも)パソコンさえあれば始められる簡単な副業!」という言葉に惑わされずに道具(パソコン)にこだわりましょう!

スペックが高いパソコンの方が確実にパフォーマンスは上がりますよ!

今回紹介した商品たちのおさらい

created by Rinker
ソースネクスト
¥7,600(2019/06/18 02:51:19時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
AHS
¥9,778(2019/06/18 02:51:18時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
¥33,000(2019/06/18 02:51:18時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
Logicool(ロジクール)
¥1,012(2019/06/18 02:51:17時点 Amazon調べ-詳細)
この記事を書いた人
ゴリップル

不労所得での生活を夢見るオスゴリラ。マッサージと節約が大好き。サビ残は大嫌い。職場で『ふるさと納税』『iDeCo』『つみたてNISA』の普及活動を推進。仮想通貨投資では10年先を見据えてXRP(リップル)に投資中。詳しいプロフィールはこちら

ゴリップルをフォローする
ブログ論
スポンサーリンク
ゴリップルをフォローする
ゴリハル。~ゴリップルとハルコのEPIC DAY。~